エラーに感動し、考え方が変わる

皆さん、こんにちは。

最近、各都市の選抜チームやクラブチーム単位で海外へいく機会が増えてましたね。

本日は、私が「なぜ子ども達に野球を通して海外へ行って欲しいのか」記していきたいと思います。

アメリカ球界へチャレンジしていた時の話です。

ある日、アメリカ人選手が
「なぜグランドに入る時や打席に入る前に”お辞儀”をするのだ?」

と聞かれたことがありました。

その時は、とっさに「リスペクトしてるからだ」とカッコよく言ったものの、

これまで自分の行動について考えたことがなかった私は、帰り道に改めて考えました。

日本の当たり前が、海外では物珍しく、

私は日本人の行動で敬意を示す姿勢に、アイデンティティを感じるようになっていきました。

何とくなく分かっていたようで、実は気付かされた

日本の文化・教育の素晴らしさ 繊細さ。

私が、自分の行動・態度、そして振る舞いの細かいとこにまで気にかけるようになったのは、アメリカへ渡ってから でした。

日本人であること、これまで野球を通して受けてきた教育が、外国では自分の武器であり、コミュニケーションのツールになっていきました。

一方、日本でコンプレックスに感じていたことを アメリカだから、乗り越えるという経験もありました。

私は試合で「エラー」をしたにも関わらず、野球文化・考え方の違いに感動したのです。

エラーをして感動できた選手は、世界にどのくらいいるでしょうか(笑)

私は小さな頃から、大好きな野球を想いのままに続けてきましたが、高校生くらいから 失敗を恐れ「ミスしないように」プレイ をし、

大好きなはずの 野球が怖くなったり、グラウンドへ行く事が嫌になったり時 がありました。

エラーをすると、チームメイトや監督・コーチから罵声をうけるからです。

アメリカで初めてエラーをした時、思わず、これから自分に飛んでくるであろう罵声に備え、耳を塞ごうかと思った ほどです。

アメリカでは、エラーしたというのに、チームメイトも監督も私に対して無関心でした。

ベンチに戻り、私は監督へ質問しました。

「なぜ、エラーした私に何も言わないのか」

すると、チームメイトは薄ら笑いを浮かべ、監督は戸惑った様子でしたが、丁寧に言い聞かせてくれました

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について