残念な事例の紹介

皆さん、こんばんは!

今日は、切実に少年野球について

実際にあった事例を通して、真剣に考えてみます(^^)

ある日、少年野球のイベント終了後、結果に異議があると

決勝で負けたチームの監督が、

事務局に鬼の形相で言い寄って来ました。

それも、他のチームのお父さん(有志で審判のお手伝い頂いた方)

をワザワザ探し出し、捕まえて、問い詰めて、

らちがあかない ので、事務局に引き連れてきたと言うのです。

しかし、閉会の挨拶まで終了し、全チーム解散後の出来事でしたので、

「何が目的」なのか誰も理解していない様子でした。

さらに自分のチームが持っているカメラを持ち込み

カメラ検証の結果、審判の判断が間違ってると主張するのです。

私個人的には、突っ込みどころがあり過ぎる自体。。。

で御座いました。

この時点で、私としては開いた口が塞がらないのですが、、、笑。

皆さんも同じような経験ございますか??

少年野球では、結構あるそうですね。。。

残酷で『異常』な勝利至上主義

終了後、あんなに楽しそうにしていた

負けたチームの子ども達は号泣
(私も負けると、よく泣きべそをかいていたの気持ちは分からなくもない笑)

保護者も怒りの心頭の様子
(負けたことに対して)

これは理解が出来なかった。

極め付けは、試合に参加していなかった

低学年の子まで泣き始めた
(なんなんだこれは、、と少し恐ろしくなった)

チーム皆んなで合唱するかの様に泣き、

指導者含め、親たちまで険悪の雰囲気に

私は異常な心地悪さを感じました。

それぞれの立場で考える

*以下は私・色川冬馬個人の見解です。

・運営側として
ー とても申し訳ないのは、審判を有志で手伝って下さったお父さん審判。

私だったら、トラウマになってしまいます。

どこで、どんなやりとりがあったかは見れませんでしたが、

子ども達の前であれば最悪の事態です。

実際、会場は狭かったので 多くの子どもが目撃 していたことでしょう。。。

これでお父さんが

野球が嫌いになって、来たくなくなっても無理もありません

本当に悲しいです。

・負けたチームとして(子ども達へ)
ー 結果は『負け』

その場にいた数百人が見届けた「負け」

問題は審判の判定なのでしょうか?

例え、お父さん審判の判定が誤審であっても

私は『負け』だと思います。

人間が行うスポーツに完璧などあり得ないでしょう。

競技スポーツも社会で生きる私たちも、

時として「残酷な結果と向き合わなければならない」

と、私は思います。

コントロールできない理由に言い訳を押し付けるよりも

これから変える可能性がある

コントロール(成長)できる自分の未来へ

集中する方向へ導くことが

指導者の役割なのではないでしょうか。

・負けたチームとして(指導者へ)
ー 根本の問題は指導者にあり、

『異常な勝利至上主義』

だと私は思います。

選手・コーチ、保護者、チームの皆んなが

監督の顔色を気にして、

最終的な判断は、
泣くほうが、その場の「大人の気持ち」を収束させると自分を思い込ませて、

子ども達も泣いたのではないでしょうか。
(なぜか低学年の子まで泣いてましたからね。。)

見方を変えれば、監督の信じ込ませる力はカリスマ的ですが、、

残念なことに、そこにあったのは

監督への「リスペクト」ではなく、

「恐怖」による統制 であることです。
(旧態依然の有無を言わせないミリタリースタイルですね)

実際、チームのパフォーマンスは、プレッシャーがかかる場面につれ、

下がっていったのも事実です。

監督出身の私からしても

負けたという責任は

監督 にあるでしょう。

大人として今一度、一緒に考えてみて下さい。

少年野球を切実に考える

封建的な厳しさを強要し、有無を言わせない組織。

ルールも考えも、地域の伝統も、

強制では、今の時代「共生」が厳しくなっています。

大人同士が

「己の価値観」を押し付け合う姿

子どもは本当に良く

「大人の姿を見ています」

お父さん、お母さんが嫌いな子どもはいないのです。
(お父さん、お母さんが大好きです)

しかし、
大人の顔色をうかがい、

突然、子どもが子どもらしくない瞬間がくるのです。

子どもが子どもらしく居られる環境を作れる様、考えてみませんか?

良く聞くと思いますが、

大人はあくまで「サポート」するのが仕事であり、役割です

主役は「子ども」です。

そのために、指導部は「勝つことに固執し過ぎれば」

異常の問題にぶつかるでしょう。

落ち着いて考えてみて下さい。

今、全てに勝つことで

本当に「子どもの夢が叶うのでしょうか?」

それは「あなたの夢になっていませんか?」

大人が正しい良識を持ち、子ども達を守りましょう!

ベースボールオンラインアカデミーでは、

育成年代の子ども達を応援できるコンテンツを揃えています。

是非、ご活用下さいませ。

まずは、お試し1週間から!!

ベースボールオンラインアカデミー⚾︎
https://baseball-online-academy.com

会員限定FBグループ
https://www.facebook.com/groups/711737012283218/

↑会員限定のFacebookグループでは、毎日もっとフランクに更新しています。ディスカッションも盛んですので、是非遊びに来て下さいね!

皆様に会えること、楽しみにしています☆

コメントもお待ちしています!!!!!!

Respectfully,

TOMA