プロという世界

クラブハウスのエントランスに貼られた1枚の紙。

我々アンダーグラウンドを歩む選手にとっては当たり前🖐の事ですが、
スーパーエリート集団が最高の環境の中で、このマインドを持たれたら”勝てないな“と私は思います笑

ざっくり私的に訳すと以下の通り。

“この先に言い訳は通用しない”
毎日、その瞬間・瞬間のチャンスを自ら掴み、より高みへ向かえ。自分の時間を無駄にするな。

“必死に取り組み、結果を得よ”
来たる日、自分の全てを捧げることが出来たか否か、鏡の中の自分に問うてみるのだ。
このレベルの約束さえが出来なければ、貴方は貴方と私たちの時間を無駄にすることになる。

アメリカ🇺🇸では、こう言った自らを鼓舞する言葉や音楽等を、意図的にスポーツの現場に持ち込みます。

無駄のない、ミニマムな生活に美学を見出す日本🇯🇵
無駄に溢れ、豪快な環境作りをするアメリカ🇺🇸

どちらも良い。
私はどちらの環境にも鳥肌が立ってしまう。

知ることに価値を感じますって事で、知ってほしいアメリカのカッコよさ。

カッコよくてなにが悪いんだい?

知るを理解へ導く為に、アメリカ野球を実際に体感して欲しい。

って事で、野球で海外へ出ることを推奨します😜

そんな機会を、もっと創出して、もっと仲間を作りたい。

これからの日本野球を創り上げていく上で、我々が双方の良し悪しを知ることはマストである。

プロ球団を運営しよう。
*ホントです😜

Changing Lives!!

TOMA