エルサルバドルの野球

皆さんこんにちは!

エルサルバドルの野球記事を担当します淺沼伸茂と申します。

去年9月まで
青年海外協力隊として活動していました。

私が2年間活動していたエルサルバドルの野球について

少しでも、多くの方に知っていただければ幸いです。

2,000人を超える野球競技者

エルサルバドルで野球をしている人は2000人少しいます。

各年代でカテゴリーが分かれていて、
野球連盟所属のコーチはMLBの研修を受け、指導方法を学びます。

そしてプロのウィンターリーグも開催されています。

ウィンターリーグは主に4チームでリーグ戦を行い
各チームにドミニカ共和国やパナマ、プエルトリコなどから参加する選手もいます!

プロになると
140中盤から〜150キロくらいの球速を投げる投手もチラホラといる感じです!

打者も大柄の選手が多く当たれば飛距離がハンパないです!
(120メートルくらい飛ばす人も)

しかし守備や走塁はまだまだ甘く、
そこを鍛えていけば

レベルの高い中米でもっと上位に食い込める実力がある国なのかなと感じます!!!

エルサルバドル野球の課題

今後の課題としてもっと野球人口を増やしていくことが必要だと強く感じます!

というのもエルサルバドルの野球は3つの主要都市で行われていて、

それ以外の地域では野球を知らない人たちがほとんどです!

そのために自分は地方を周り学校などで野球の普及活動をしていました!

もともと身体能力が高い子どもが多いので

短期間でもしっかり練習をすれば投打の飛距離もグングン伸びて行きました!

現在の主要都市以外にも
野球のチームやアカデミーができれば

間違いなく強くなっていく可能性のある国です!!

日本の選手もオフシーズンにリーグに
参加してもちょうどいいレベルにあると思うのですが、

何しろ現地の治安が悪いためオススメはできません!

ギャングや麻薬、貧富の差などの問題が常にはびこり、

それらの影響で将来を台無しにしてしまう子どもたちも多くいました!

これからのエルサルバドル野球

自分は
そんな子どもたちになんとか夢を持って欲しい

生まれの貧しさでみんなの人生は絶対に決まらない、

上手い下手、男女関係なく

みんなが活躍できる場を野球を通じて感じて感じて欲しいと思い活動していました。

野球をしてる時だけは辛い日常を忘れ、
夢や目標を持ち各々の人生を進んで欲しいと感じています!

「エルサルバドル」とはスペインなのですが、
日本語で救世主という意味があります。

自分と関わった子ども達がこの国の救世主になる日が来ると信じています!!

まだまだ日本では知られていないエルサルバドル野球ですが可能性はまだまだあります!

長くなってしまったので、続きはまたの機会に!!!

淺沼伸茂