コーチ・ダルフィとの出会い

皆さん、こんにちは!

各国、野球シーズンを終盤に迎え、または終えているリーグもあるようですね。

ところによっては、
夏のシーズンを終え、ウィンターリーグシーズンに差し掛かり、

次の3ヶ月に向けて、どんどん新たな契約が結ばれていきます。

今日、ご紹介するダルフィ❗️は、
今シーズンは、メキシコはモンクローバという

プロ野球チームでサードベース・コーチを務めていました。

衝撃的な出会い

私には、二人の恩師がいます。

1人は先日ご紹介したベニー・カスティーヨという
https://baseball-online-academy.com/news/baseball7.html

ドミニカ出身のコーチ。

現在は、フロリダでCool Breeze Baseball Academyを経営されています。

彼のスキルアップ動画は、
BOAの「親子で学ぶ動画」欄に沢山掲載していますので、ご参考下さい。https://baseball-online-academy.com/member/technical-video/technical-personal

そのベニーと出会ったのが、
2011年、それから2012年も時間を共に過ごし、

当時の私の人生に、最も影響を与えた1人でした。

そのベニーの手元を離れ、
2013年、私はプエルトリコへチャレンジしていました。

そこで知り合ったのが、
当時、私のチームでコーチを務めていたダルフィでした。

ダルフィとの出会いは、宿泊先の1階にあったバーでした。

その日は、時差ぼけや移動の疲れもあり、
大好きなメキシカン料理であるブリトーを食べながら

睡魔の襲われてレストランで眠ってしまうほど、眠かった日でした(笑)

その部屋に戻る道中に、オーナーに会いコーチ・ダルフィを紹介されたのです。

冗談でもなんでもなく、会った瞬間から輝く男でした。

当時の私は、自分で言うのもなんですが、熱かったです!

仲間からはウザがられるほど、熱かったです。

そんな私が、
彼は私なんてレベルじゃないと、会って3分でノックアウトされました笑

話を聞いているだけでも、ワクワクするのですが、

私が消化する間も無く、熱くぶち込んで止まりません❗️

何がそんなに熱いのか⁉️

ひたすら、
どれだけ野球を愛してるか、ボールを愛してるか、内野ゴロを愛してるか、

自分が投げるボールに愛を注いで1球1球処理しているか。

捕球してから、
ボールにキスをしてから投げるには、どうするかなど。。

気持ち悪いと思うでしょう笑

でも、本当にずっと語っていました。

世界は狭い

ダルフィと盛り上がっていると、
僕のアメリカの父ベニーを思い出していました。

私はふと、
「ダルフィ、ベニー知ってる?」と尋ねたのです。

お互いの時間が止まったかの様に、
ダルフィは冷静になって首をかしげ、固まったのです。

「どのベニーだ?」ダルフィが聞いてきます。

あのドミニカ出身で、今はフロリダにいて、どこのチームでコーチしてて、など

冷静に、お互い確認作業を始めると、全てが一致するです。

最後は携帯を見せあって、

お互いの知るベニーの電話番号まで一致したのです。

私たちは、急いでベニーに電話します。

僕とダルフィは世界一強烈なハグを決めたのです❗️

当時、私がいたのは常夏の島 プエルトリコ

アメリカでも、日本でも、ドミニカでもない場所繋がった感動はひとしおでした。

夢中になる素晴らしさ「理想の人」

この二人の持つエネルギーから、
これまで感じたことのない 本当の衝撃 を受けました。

同時に、こんな人生を野球と共に歩みたいと思えました。

人間ですから、
こんな彼らも悩み、困難に衝突します。

しかし、自分が自分でいることを、

我々日本人よりも大切にしています。

辛い時は、
苦しい思いを流し出す(消化)する方法を知っています。

自分が生きるフィールドでは、
フィールドでの役割を深く理解し、

自分を演じきります。

先日、
MLBのコーチングを紹介しましたが、
https://baseball-online-academy.com/news/fundmentalcoaching.html

MLBがエリートとすれば、

MLBへ届くことのなかった我々の戦い方は

”ストリート”なのかもしれません。

このストリートの戦い方で
選手に勇気を与え、自信を与え、結果に導くのです。

ストリートには、ストリートの戦い方がある。

自分を極めることは、誰かのために

世のため、世界のために役立つ上で必要なのです。

この文章を読んで下さった皆さんに、お伝えしたいことは

自分でいて、いいんだ❗️

ということです。

皆んなで、自分を大切にしましょう!

自分が自分でいられる環境を、自分で創りましょう!

Respectfully,

TOMA